2018年モンテッソーリ体験会のお知らせ

最近メディアでよくとりあげられているモンテッソーリ教育。梶山モンテッソーリスクールでは、モンテッソーリ教育の無料体験会を行います。
昨年はたくさんの応募もあり、とても充実した内容となりました。今年も昨年同様、たくさんの応募が予想されますので、ご希望の方はお早めにお申込みください。

体験会概要

開催日
2018年6月17日(日)
開催時間
午前の部:10時~11時30分
午後の部:13時~14時30分
対象年齢
1歳6ヶ月から3歳(保護者同伴)
募集人数
各回ともに15組
参加費
無料

申し込みはお電話にて承っています。短い時間ですが、この機会にぜひご体験ください。

045-583-4620(受付時間:平日14:00~16:30)

梶山モンテッソーリスクールについて

1974(昭和49)年設立。
日本モンテッソーリ協会初代会長であり、モンテッソーリの3部作(幼児の秘密・子どもの心・子どもの発見)を翻訳した故 鼓常良の長女 川村洋子が園長を務め、モンテッソーリ教育法を通して人間形成の一番大切な時期に自主性、協調性、社会性を育み、創造力を発揮しつつ、物事にじっくり取り組み、喜びに満ちた本来のこどもの姿を実現することをめざしています。師育成のトレーナーとしてイタリアから帰国したばかりの松本静子先生が開設された、東京国際モンテッソ―リ教師トレーニングセンターの一期生として学び、モンテッソ―リ教育の道が開かれ、今日に至っております。現在も、園長は東京国際モンテッソ―リ教師トレー二ングセンターの同窓会会長として役目を果たし、また、実習園として、モンテッソ―リ教師育成にも貢献しております。

モンテッソーリ教育について

モンテッソーリ教育は、イタリアで女性初の医学博士である、マリア・モンテッソーリ(1870 年~1952 年)が、子どものあるがままの姿を観察し、理解することで築き上げた教育法です。
その中心となる考え方は、子どもには自分で自分自身を発達させるための力があり、敏感期と呼ばれる適切な時期に、モンテッソーリ教具などの適切な環境を与えることによって自ら成長していくというもの。
モンテッソーリ教育では、子どもたちの活動を「お仕事」と呼びます。自分でやりたい「お仕事」を選択し、集中して繰り返すことで達成感や満足感を得て、次の段階への意欲を高めます。自分で選択したお仕事を通し、手先の動きが器用になり、身のまわりのことを自分でできるようになると子どもは自信を持つようになります。そして、「自分でできた!」という経験により、考える力ややりとげる力が自然と育まれるのです。

045-583-4620(受付時間:平日14:00~16:30)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。