モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育とは、イタリアにて最初の女性の医学博士で精神医学者であり、素晴らしい教育者であるマリア・モンテッソーリ(Maria Montessori, 1870〜1952)によって考案された教育法です。彼女は適切な環境と援助を与えられるならば、子供は自ら成長するものであることを発見し、世界の教育界に大きな影響を与えました。最初の「子供の家」の設立から、およそ100年余の間に世界各国にこの教育法が普及し、現在の教育学界、心理学界、精神医学界に於いてもその素晴らしさを再認識されつつあります。

こどもたちは、いつも、手やからだを使って活動しています。こどもが本来もっている想像のエネルギーは、感覚器官を通してこどもたちに、環境にあるすべての事物への認識を深めさせているのです。こどもがどんなに知的活動を好むもにであるか、また自発的活動により、どのように自分自身をつくりあげてゆくものであるかを、モンテッソーリ教育は実証しております。
たえず成長発達をとげようとしているこどもたちのために、適切な環境を整え、鋭い観察力と細やかな配慮によって、ひとりひとりのこどもがその時々に必要としている手助けを本人の自主性をそこなうことなくするのが、モンテッソーリ教育です。

梶山モンテッソーリスクールは、モンテッソーリ教育法を通して人間形成の一番大切な時期に自主性、協調性、社会性を育み、創造力を発揮しつつ、物事にじっくり取り組み、喜びに満ちた本来のこどもの姿を実現することをめざしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。